早稲田小劇場どらま館×遊園地再生事業団「14歳の国」

Date posted:2018/09/11

善積元 出演情報

【舞台】

早稲田小劇場どらま館×遊園地再生事業団

「14歳の国」

 

 

1998年に神戸のニュータウンで14歳の少年による衝撃的な事件が起きた。
20年が経ったいま、事件の直後に発表した『14歳の国』をあらためて上演することで20年の時間と、作品が描き出す「14歳」の姿がまた異なった色合いで浮かび上がるのではないか。世界は変わってしまった。私たちも変わった。そして、現在を構成する〈モノ〉や〈コト〉の変容が、あの時代、すでに萌芽していたのを知るにちがいない。
あるいは、学生を中心にした若い観客はなにを思うか。
登場するのは五人の教師だ。体育の授業中。生徒たちはグラウンドにいる。教師五人が誰もいない教室で「持ち物検査」をする。こっそり「持ち物検査」をする教師たちの喜劇的な姿を通して、舞台にけっして現れない中学生たちが描かれる。
私たちは、あの日のことを覚えているだろうか。
意識できる記憶だけではない、いつもは息をひそめ、ひっそりたたずむように身体に刻まれた時間がある。
『14歳の国』をいま上演するのは深い場所にあるそうした記憶を呼び起こすためだ。あの記憶は私たちになにをもたらしたのか。

 

作・演出:宮沢章夫

出演:大場みなみ、踊り子あり(はえぎわ)、笠木泉、谷川清美(演劇集団円)、善積元

 

日程:

2018年9月14日(金)〜10月1日(月)

★=アフタートークあり。
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前。

9月14日(金)19:00~★ゲスト:和久田頼男(白水社)

9月15日(土)14:00~ 19:00~★ゲスト:大根仁(映画監督)

9月16日(日)14:00~ 19:00~★ゲスト:松原俊太郎(作家)

9月17日(月・祝)15:00~

9月18日(火)休演日

9月19日(水)15:00~★ゲスト:山本健介(ジエン社主宰)

9月20日(木)19:00~

9月21日(金)19:00~★ゲスト:岡室美奈子(早稲田大学文学学術院教授)

9月22日(土)14:00~ 19:00~

9月23日(日・祝)19:00~★ゲスト:桜井圭介(音楽家・ダンス批評家)

9月24日(月・休)15:00~

9月25日(火)休演日

9月26日(水)15:00~★ゲスト:佐々木敦(批評家・HEADZ主宰)

9月27日(木)19:00~

9月28日(金)19:00~

9月29日(土)14:00~ 19:00~

9月30日(日)15:00~

10月1日(月)15:00~

 

会場:早稲田小劇場どらま館

東京都新宿区戸塚町1-101-3

  • 東京メトロ東西線「早稲田」駅から徒歩5分
  • 都電荒川線「早稲田」駅から徒歩10分
  • 東京メトロ副都心線「西早稲田」駅から徒歩15分
  • JR山手線・東京メトロ東西線・西武新宿線「高田馬場」駅から都営バス(「早大正門」行き)7〜12分、「馬場下町」バス停から徒歩2分

 

チケット:

料金(全席自由・整理番号付)

一般:(予約)3,800円 (当日)4,000円
学生:2,300円
早大生:1,000円

学生・早大生チケットは枚数限定

 

スタッフ

音楽:桜井圭介
舞台監督:黒澤多生、伊藤新
舞台監督補佐:金岡大樹
舞台美術:佐々木文美
照明:小駒豪、高橋かおり
音響:和田匡史
小道具・学生指導:海老原翠
宣伝美術・web:相馬称
チラシ表面書影:宮沢章夫『14歳の国』白水社刊(装丁:斉藤いづみ)
記録:佐藤駿
スチール:坂内太
演出助手:大塚健太郎、高本彩恵、小林優太郎
衣装部:澤田靖子
制作:足立悠子
制作補佐:加治木仁美、矢島万智歩
当日制作:伊勢崎綾香
劇場制作:宮崎晋太朗
企画責任者:大前研二

協力:エースエージェント、エコーズ、演劇集団円、はえぎわ、Now Fashion Agency、早稲田中学校高等学校、新宿区立牛込第二中学校

製作:遊園地再生事業団、早稲田小劇場どらま館運営協議会

 

Date posted: 2018/09/11 | Author: | 早稲田小劇場どらま館×遊園地再生事業団「14歳の国」 はコメントを受け付けていません。

Categories: Japanese 舞台出演情報

Tag: ,,,,,,,,,